わ・た・し♡

  • 2014.07.02 Wednesday
  • 08:25
おはようございます。

先週の金曜日に広島の出張から帰ってきました。
今週から、少し変わった私の生活リズム。
今年の一月初めからやっていた、弟1号君のお仕事の御手伝いを終了♪
あ〜、これで、朝の時間が少し戻ってくる(^^)

早朝からの御手伝いは、結構楽しくて…なかなか、そこから離れることができなかったんだけど、
自分に素直に…と考えて決めた。

子供の頃、毎日していた、お手伝い。
あの当時は10人家族。
毎日が楽しくて幸せだったな。
(勿論、今も!ね♡)
大好きだった、曾おばあちゃんが亡くなり、
それから、母と姉ちゃんがいなくなり、
一緒に暮らしていた叔父さんがお婿さんにいった。
あのころは、3年間で一気に4人いなくなり、6人家族になっちゃった。
子供だったのに、お母さん役になったり…ね。
当時の私の悩みは…、
弟たちに寂しい思いをさせないようにするにはどうしたらいいか?
お父さんに心配・悲しい思いをさせないようにするには?
お婆ちゃんに大変な思いをさせないようにするには?
そんなことばかり考えていた。
ほ〜〜んと、真剣に考えていたなぁ。

そんな私を支えてくれていたのは…、
中学生になって学校の帰りに寄っていた、焼津神社。
そこにある御神木。
何かあるとそこに行き、お話して帰ってた。
今も時々お話しに行くんだけど、いつも優しく迎えてくれる私の大切な癒しの場所の一つ。

この半年間の御手伝いの時間は無駄じゃなくて、とても私には大切な時間だった。
小さなころから背伸びして、まだできないでしょ?なんてことを
「出来るもん!!」と必死になってやってきた。
「そのままの私」ではなく、
なんでもできるふりの「私」。
人に「助けて」と言えない私。いや、言わない私。
全て自分がやらなくちゃと頑張っていた私。
大切な弟たちやお婆ちゃんおじいちゃん、そしてお父さんの為に、一生懸命生きていたような…。

子供時代に必死にそうして生きてくると、
中々その癖が抜けないんだよね(笑)

自分ではない自分。
それを演じるのは、そのままの自分を愛してなくて…。
愛されたいからそうやって頑張っていたんだけど…、ね。
でもね、そうして生きてきても、「愛されてる」なんて感じたことがなくて、
そんな言葉を言ってもらっても、それを信じられない私の出来上がりになる(笑)

何をしても、どんな結果になっても認められない。
自分の事を…。

何をしても、どんなに素敵なことが起こっても信じられない…。
自分の事を…。

あ〜〜!
もう嫌だよ、、苦しいよ〜
って思い始めて真剣に自分と向き合い始めたんだよね。

今はね…、
やっと、やっと「背伸びしない私」が出来るようになってきた。

この半年間のお手伝いは、私が「女の子」(子じゃないだろ〜・笑)だってことを。
出来ない私を「許す」ことが出来るようになってきた。

「信じる」って「許す」ことなんだよね。

「許す」ことって「受け入れること」なんだよね。
ありのままを。

インドの旅さ、
ほ〜んと、ありのままの私で過ごさせてもらったんだよね。
なにも背伸びすることなく、とっても自然に。
思い出す事も感じることも、そのまま表現する私。
これ言ったら、嫌われちゃうかな?
とか、こうしたほうがいいよね?
とか、そんなの全く考えず、ホントにそのままのわたし。

ただ、ありのままの私でいること。

重たい「〜でなければ」を全て手放して、自然に、そのままで。

そうしていたらさ、今まで歩んで来た私、演じてきた私の事を
受け入れることが出来たんだよね。
苦しかったり、悲しかったり、切なかったり、抑え込んでいた怒りも…、
そんな人生を自分で選んできたんだ…私…と、受け入れることも…。
色んな事があった今までの出来事も、
それに関わってきた人々も勿論自分自身も…、
「許す」(受け入れる)ことが出来たような…。

そんな、そのままの…、ありのままの自分の時間がすっごく楽で。
泣いたり、笑ったり、その時のそのままをただ感じ受け入れ表現する。

これ、「わたし」

これからも、その時の私でいようと思う。
背伸びしない。
演じない。
そのままのわたし。
そのままの私は、こうなりたいと思っていた「私」

な〜んだ、演じないほうが「なりたい私」になれるんじゃん‼。

そう、みんな「神」の子だもんね。

っていっても、現実に帰ってくると大変なんだよね(笑)
でも、そうしていたいから、今の私が出来ることからやってる。

ありがと〜!!

今日も素敵な一日のスタート。
み〜〜んなが幸せであります様に♡










 

逝く人の覚悟・生きる人の覚悟

  • 2013.12.06 Friday
  • 21:48
こんばんは♪

「逝く人の覚悟」そして「生きる人の覚悟」
今日、歯医者さんで出会った言葉である。

…、と、その前に…。

私より少し後に、少しだけ障害のある青年が治療に来た。
彼はドアを「こんにちは!」と元気よく開け入ってきた。
診察券を出す時も「こんにちは。お願いします。」
とはっきりとした大きな声で。
見ていて、心が和んだな。
その青年を見て、私の父親違いの弟を思い出した。

私の命の恩人。
「生きよう」
あの時、たった一人、私に生きる勇気をくれた子だ。
どうやって?
ただね、呼んでくれただけなんだよ。
私の名前を…。

「な・お・み…ちゃん!」って。
初めて私に対して発してくれた言葉だったな。
独り、ずっと抑え込んでいた感情が溢れ出た。
泣いた、泣いた、大粒の涙がとめどなく流れた。
あの日、あの時に
「死んでしまおう…」と決めて、最後に会いに行こうと思ったその日。
そう思っていた心の中のエネルギーをたった一言の言葉と何の曇りもない笑顔で
「生きよう」に変えてくれた。
ダウン症の彼は私に「生きる覚悟」をさせてくれた一人。
勝則、私の弟3号君で生まれてきてくれて有難う!
彼は私の天使くん♪

あ、そうそう…、
「逝く人の覚悟」「生きる人の覚悟」。
その言葉とその写真に惹かれ、乗馬に行った後に本屋さんに行こ〜う!。

そして今日の乗馬レッスン。
前回から駈足の練習をしている。
今日は一人、のんびりレッスンだったから駈足をイッパイやらせていただいた。
そんな中で、今日もお馬さんに教えていただいたこと…。

初めてお馬さんに乗ったのは、ナヴァホの自然公園の中。
一緒に乗った3人はみんな乗馬経験者。
ネイティブの方なんかは、当たり前だけど駆け巡っていた。
馬は他の馬と同じことをするから、他の馬が走れば走るのだ…。
私が初めて馬に乗っている事なんか関係ないのだ…。
だから、駆ける。私の乗った馬も…。
「キャー!私初めて乗るのに〜!もっとゆっくり〜!」って言っても誰も聞いてくれない…(泣)
そのうち、私の方が諦めて馬に乗る!ことを決意(笑)
でも、これが大切で、馬に合わせる。
ただ、乗る。
バランスを崩さないように、ただ乗る。
これだけを意識しただけで、駆けることが楽しくなった。
乗れてるじゃん!
途中、かぶっていた帽子が飛んで行ってしまいそうになるたびに片手を離しても
駆けている馬に乗れている自分になっていた。

今日さ、レッスンでどうやって乗るか?
姿勢や足の位置ete…、それらを教えてもらったら、出てくるんだな。
「上手く乗ろう」と思う私(笑)
でも、途中で「そうそう、自然でいよう」そう思った。
すると、身体の力はすべて抜け、お馬さんと息があってくる。
これこれ…、
常にリラックス。
後は私の身体が全て知っている。
「今」すること決まってる。
お馬さんに乗ること。
私の意思を伝えたら、あとはお任せしよう。
そして、ただ乗ろう…。

そんな気持ちになると、今度は冷静に私の癖が見えてくる。
そうそう、これこれ、「今」私が変えたい私の癖だね〜。
そんな会話を楽しむこともできる。
今日の乗馬も楽しかった♪
「パラソちゃん、有難う!」

その後、本屋さんへ。
私が思った本屋さんへ。
1冊の本を買った。
でも、欲しかった歯医者さんで見た本がないから、もう一か所。
あった。
そして、最近、気になっていた人の本を見る。

答えはここに。

自分が思ったことをただやる。

ありのままの自分。
それで、天に委ねる(委ねることも意識せず)

それが出来たときににずっと探していた答えを与えられた。

その瞬間はビックリするほど、私の魂の声が聴こえたよ。
あ〜、今日も泣いた泣いた。

光の涙♡

さ、「逝く人の覚悟」をしっかり受け取って、「生きる人の覚悟」をしましょうか!
ね、なおみちゃん…。

今日のメッセージをしっかり受け入れられたこの時間。

読んで下さった皆様、有難うございます。

LOVE♡








 

これだぁ〜!♪(^^)

  • 2013.11.30 Saturday
  • 22:47
こんばんは

今日も一日、楽しかったぁ〜♪
レイキのセッションもリンパのマッサージもTREも。
お客様と共に笑顔いっぱいの時間を過ごせること、本当に幸せだと思う。

そんな日を過ごした今夜は…、
10日間程お部屋の中を明るく、優しくしていてくれた大好きなバラのお花をお風呂に入れて…、
と思っていたけど、明日の朝までのもう少しの時間、その場所に♪
明日は優雅にバラ風呂です(ワクワク♪)

今日はすっごく自分自身にご褒美をあげたくなった。
頑張ってきたね〜って!

レイキのお仕事を始めてから、ずっと、ず〜〜との課題。
「愛」とは?っていうの。
レイキのテキストには、「愛」とは、全てを成長進化させるエネルギーとある。
言葉の意味はよくわかる。
じゃ、その経験は?

「愛」
一般的なイメージの「こうあるべきだ」の「観念」が強くありすぎて、
この「観念」が本当の「愛」を経験することを邪魔してた。

でもね、やっと、やっと、
それを経験、実感することが出来ていることに「気付けた」んだな。
「これだぁ〜〜!」
って感じ。

そう気付くことが出来ただけでも、幸せな気持ちになった。
心も身体もふぉわ〜んと温かくなり、
次の瞬間に自分自身が今まで、それを「知る」為にすっごく頑張って来たんだなぁ〜って
改めて思えた。
そして、今までの自分の人生に起こった出来事、思い出せる限りの事に「感謝」の気持ちが上がってきた。
「感謝」は、「するもの」ではなく、「湧き上がってくる」もの。

そんなんで、今夜は自分にご褒美あげたい♪
あ…、そういえば…、頂いたっけ。
お客様からご褒美。
リンゴと柿とお豆のお菓子♪
自分に自分で用意できない時は、ちゃんと天が用意してくれているね。
ご褒美、下さった皆様、有難う!

今夜も繋がっていただきまして有難うございます
素敵な時間をお過ごしくださいね。

 

久々の乗馬♪

  • 2013.10.12 Saturday
  • 09:45
おはようございます。
久々のブログ更新です。
ごめんなさいね。

昨日は1年以上ぶりに乗馬に行ってきました。
今朝は少しだけ、股関節のあたりが筋肉痛…。
普段、身体は使っているほうなので、筋肉痛にならない自信があったのに(笑)
久々に乗るお馬さん・・・。
かなり緊張してたけど、馬場を2周ほど周れば緊張も取れ、リラックス。気持ちがいい。
お馬さんと手綱で会話をするのも心地よい。
お馬さんに乗っていると、自分の癖が良くわかる。
1年前の私とは違ったな。成長してる自分を発見♪

お馬さんにも「意志」がある。
その気持ちを受け取りながら、自分の「意志」も伝える。
乗馬は技術も必要なんだろうけど、お馬さんとのコミュニケーションも大事。
(だと思う。)
それを手綱一つで伝える。
言葉のないコミュニケーション。
相手の気持ちに寄り添いながら、自分の想いを押し付けることなく伝える。

人も同じなんだよね。
どんな状況でもリラックス。
相手が何をどう感じ、想い、「そうしているのか?」
それをエネルギーで受け止める。
そして、相手が気付いていない所を優しく気付くように促す。
もちろん、相手に寄り添いながら…。押し付けることなく…。

ここ一か月、自分と会話をしながら様々なことに気付き、苦しんだり、悲しんだり、責めたりしていた。
けど、それによって自分がこの先、どう生きたいかがはっきりと描ける様になった。
勢いとか、感情に流されるままとか・・・、そんなんではなく、
私の魂がどうしたいのか?
今世、「何」を「どのよう」に「経験」したいのか?
産まれる前に決めてきたことを思い出せた。
この長かった一か月は、本当にしんどかった。
でも、いい時間だったな。

天も私の魂も「それ」をやることには、大賛成。
だって、「それ」を目的に今世、この世に生まれてきたんだもんね

多くのスピリチュアル系の本に書いてある言葉、やっと実感できた
この感覚、この経験、全てが今までにない経験。
おもしろい。
それを実践していくには、大変だなって思うこともあるかもしれない。
でも、それも楽しむことが出来るだろうな。

今迄であった方々が一人でもいなかったら、これは分からなかったんだろうね。
全ての方々に感謝…。
そんな一日でした!

満月に届いた法螺貝に祈りを込めて…。

  • 2013.09.19 Thursday
  • 21:16
 こんばんは

今日はね、とっても嬉しいことが♪
何がって?
法螺貝が来たんですよ〜。
私のもとに帰ってきたぁ〜(^^)

この法螺貝、沖縄に7月に行ったときに運命的な出会い(笑)
この法螺貝を2時間も抱っこしながら、買うか?買わないか?迷ってた。
そして…、「買う!」と決めた私を見て、お店のご主人が3割引きで売ってくださいました。

そして、8月のお祭り前に石鎚の先生に吹ける様に加工するため、
一時おあずけ。
それが、今日、帰ってきたんだぁ。
満月の今日に…。素敵でしょ♡

そして、驚くのはこの後。
借りていた法螺貝をそろそろ返して〜!
と、母方のばぁやから連絡が入った。
タイミングバッチリ!で叔父さんの優しさと凄さを改めて実感!
(待ってくれて、ありがとう!)
返しに行きながら、お墓参りに行こう♪

借りていたのは、生きていた時に修験者だったおじさんの形見の法螺貝。
6月に初めて石鎚で法螺貝を吹かせてもらった。
帰ってすぐに、お婆ちゃんのもとに行き、借りてきた。
その後、石鎚山山頂で吹かせていただいた。
そして、先日の月山でも。
叔父さんの法螺貝の作り方は、月山の方のもの。
月山で吹かせていただいたことも、本当に嬉しい。
(きっと、叔父さんも喜んでくれているよね♪)

今日は満月。そして、旧暦では8月15日。
大切なご先祖様との繋がりを感じさせられる。

そ〜言えば…、
ご先祖様で思い出したことがある。

今朝なんとなく…、2006年に亡くなったハトコ達の事を思い出し、
当時の事件をネットで見ていたっけ…。
あれから、7年。
未だに、その時の事件を思い出すと胸が締め付けられるほど、苦しくなる。
殺された二人…。
そして、逃げた犯人に悔しい思いを抱きながら、独り亡くなった叔父さん。

明日の朝は、3人の為に心を込めて、新しく私のもとにやってきてくれた
この法螺貝を吹かせていただこう。

一番初めに「誰か」を思い、「誰か」の為に吹く法螺貝。
それは、やっぱり「血」が繋がった人の為。
それをご先祖様が私に教えてくれるために、法螺貝が届く今朝に、
殺されたハトコ達の事を思い出させてくれたんだなぁ〜って思った。
明日の朝、天を見上げながら、吹くからね。
ヒロユキくん、ヒロアキくん、そしてコウイチ叔父さん、待っててね。

さぁ!今夜も繋がってくださって有難うございます。
あなたが沢山の愛に包まれ、ゆっくり休めますように…。



羽黒山伏修行 その2 〜命、そして、食〜

  • 2013.09.11 Wednesday
  • 20:54
 こんばんは♪

2週間ぶりの地元のお仕事を終え、夕食を頂きました。

食事…。
これは私たちが生きていく中で、とっても大切なことですよね。

4月から半日ファスティング(断食)を出張以外では毎日実行しています。
そして、その間2日間ファスティングを2度ほど実践。

元々、食事に対して貪欲ではない私が、
ファスティングを通して得たものは、「食べる」ことへの「感謝」です。
勿論、お肉にしてもお野菜にしても、
その「命」を頂くことへの「感謝」の気持ちも高まりました。
食べる前は、必ず自然と、それら「命」に
「命を有難う。私の中で一緒に生きてね…」と心の中で言ってます。

そして、「何」を食べるか?
も、大切になってきました。

そんな「食」に対しての想いがある中で…。

今回の山伏修行の中で、私自身が一番キツかったのは、食事の時間。

一杯のご飯。
みそ汁。
漬物2切れ。

おかずは、全然OK!

ごはんの量がいつもの2倍…。
そして、いつもは雑穀玄米食だけど、今回は白米。
それを急いで食べること。

この二つがすっごく大変だった(汗)

お仕事が忙しいとき、急いで食べることもあるけれど、
ここまで早く食べることはない。

ましてや、いつもの倍の量。

一度目の食事は、それでも、そこそこすんなりと。

二度目の食事は、心の中で
「お腹空いてない…、身体は要らないって言っている。でも、早く食べなきゃ!」

三度目のおにぎりは…、
一個目のおにぎりを一口、口の中へ入れただけで、
舌が痛い…。
気のせいか?と思いつつ、二口目。
これは、もう、飲み込むときには舌も喉も激痛。
これを繰り返しながら、3個のおにぎりを食べた。
一緒に出していただいたお茶を飲むころには、飲み込むことすら地獄のようで
吐き出しそうな位…。

「食べること」が苦しい時間だった(汗)

朝からあまりお腹が空いていない中で朝食。
勿論、お昼はもっとお腹が空いてない。

ここまで来ると、いつもできてる「食・命」に「感謝」なんてできない(泣)

この日の夕食も、やっぱり激痛…。

食べることは命を頂くこと。
私の為に捧げてくれた「命」を「感謝」の気持ちを込めていただく事への大切さ。
そして、「今」の自分に必要な量を頂くことの大切さ
(命を無駄にしない・必要以上に殺さない)を
検めて実感させていただきました。

こちらに帰ってきてからの食事。
今まで以上に大切にしております。

食べる時も、作るときも、そして食材を選ぶ時も。
何をどんな形で私の身体の中に入れるか?

「今」の私にとって必要な「命」は何なのか?
そんなことを考え、選び、作る。
そうすることにより、今まで以上に「感謝」の気持ちが湧き上がり、
「有難うございます」が自然に上がってくる。

すると、「生かしてくれて有難う」と自然に思う…。

「食事」
大切ですね。

いぶした煙の中にいるよりも地獄…だった…(笑)

でも、有難い経験が出来ました。

この経験にも感謝、感謝♪

くどいようですが…、「命」に「感謝」です(^^)

今夜も繋がってくださって有難うございます。

この後もあなたが愛に包まれますように…。



羽黒山伏修行その1〜独りじゃない〜

  • 2013.09.09 Monday
  • 22:32

こんばんは♪

昨日、山形県出羽三山の宿坊・大聖坊の山伏修行から帰って来ました。

3年前かな?
天河弁財天の節分祭の時に初めて、星野大先達にお会いし、
それまで…、若い頃から避けていた「山伏の道」が少しずつ
私の中で開いていった。

それから、毎年、節分の際にお会いしていたけど
「よし!」
という気にならず、ずっと行けなかった。

今年、私の中で準備が整ったんだね。
流れるまま、身を任せ参加をすることにしました。


山伏が山に入る。
山は母の子宮の中。
一度、死んで山に帰る。

8月の沖縄のTREの研修の時、産まれて間もない頃のトラウマ解消。

その後での、この修行は本当に私にとって意味深いものになりました。
沢山の気付き。
そして新たな出会い。

この山伏修行は、最後、火渡りで終わる。
火渡りは、山から出る(母の子宮から産まれる)ということで、
産湯を意味するそうです。

火を渡るとき、声に出して「オギャー!」と叫びながら…。

その時、私はそれが声にならず…、
でも、心の中で大きな声で叫んでいたっけ…。
この心の中での叫びは、言葉に表現するのが難しい。
でも、とっても有難い。
いつも言ってる、「有ることが難しい」
そんな有難さ。

8月は本当にいろいろな意味で今世の深〜いトラウマと向き合ってきました。

山に入る修行は、十界修行。
山から出るのは、出生。これは、新しい生命となり生まれ変わるという意味。
「生まれ清まる」…。

綴りたいことが山ほどあった、この3日間。
少しずつ、報告させていただきますね♪

その中で、今夜は…、

「独りじゃないよ…」

かな。

産後間もなくの孤独感と恐怖。
そして、その時のことでずっと言われ続けた言葉から来る不安。
いつしか、それが
「私はいつも独りだ…」
になっていった。
父がこの世から旅立った時に、それは更に強くなっていったなぁ。
このことは、沖縄ワークッショプ後にブログで書かせていただきました。

その後、暫くして凹んだ日があった。
悔しくて、悲しくて…、
絶対にここでは泣かない!って決めてた弟1号の前で泣いた。

そんな時に頂いたメール。
何があったのか?その内容は全く知らないのに…、
「大丈夫ですよ!一人ではないです」

その方が初めてセッションを受けてくださったとき、
「リンドウ」の花言葉をと伝えたことを覚えてる。

山に入ってすぐに、歩く両脇に「リンドウ」の花が沢山。

リンドウの花言葉はね…、

「あなたの悲しみに寄り添う」
「誠実」
「正義」
「勝利」
「的確」
ete…。

この山に入り、
生まれ変わること。
このお山に「今」入る意味。

両脇に元気に育っている「リンドウ」の花を見ながら
そんなことを感じながら、自分の中へ入っていく道。

山伏の修行を避けていたのも、小さい頃の別のトラウマからくる「観念」から。
でも、この花を見ながら、
「今」、私は、「一人」だけど、「独り」じゃない…。

安心して、お山に…、そして、自分の中に深く深く入ろう。

今までの自分自身の悲しみや苦しさにしっかりと
「私」自身が寄り添ってあげる。
そして、その悲しみや苦しさを全て受け入れてあげる。

人はそんなふうに、自分を許すことが出来た分だけ、同じように自分以外にも
それが自然に出来るようになるんだよね。

山を歩き「リンドウ」の花を見ながら、もっともっと、
自分自身に「誠実」であろうと決めた。
そして、「今」の、私の「正」を大切にしようと決めた。

「一人」だけど、「独り」じゃない…。

産まれて間もないころから、ずっと抱き続けていたこの「観念」

まずは、一つ清められた感じ♪

「一人」だけど「独り」じゃない私が…、

「オギャー!」


今夜も繋がっていただきまして有難うございます。

今夜もあなたが愛に包まれますように…。

















〜愛を込めて〜

  • 2013.09.04 Wednesday
  • 22:25
 こんばんは♪

とっても穏やかなこの時間。
裏庭からス〜と入ってくる優しい風。

一週間ぶりに帰ってきて過ごした今日という日。
近所の方々もいつものように、お外の植木さん達にお水をくれていた。
会う方々皆さんが、今度はいつ?
と、声をかけてくださる。
有難いな。

この町は、私にとって愛の溢れた場所。
そして、生きてきた証。

子供の頃は、近所の大人の方々が自分の子供と同じように
可愛がってくれたり、叱ってくれたり…。

いろいろな事があったけど、愛が溢れた場所なんだぁ〜。

今回の四国〜韓国の出張で思ったこと…。
そんな、この場所に恩返しをして行こうと思った。

どんな形かは、まだ?だけど、
背伸びしない私で、できること。

それでいい(^^)

四国の出張では、家族と友の愛と絆を。
韓国の出張では、国を超えた友の絆とこの先の生き方を。

そんな旅。

1月…、しなやかな樹になりたいと思った。
3月…、それでも決断しかねている私の背中を押してくれた江本さんの深い愛。

4月〜8月は…、そんな私になる為に天が与えてくれた様々な御縁と出来事。

そして今、決断することで、広がる御縁の深さを有難く思う。

これから先も、大切な私をもっと深く愛そうと思う。
今の自分がどんな「私」であっても、「今、ここ」にいること…、
それが大切なんだと、心から思えたよ。

「許すこと」

の大切さ。
そして、奥深さ。

人は、沢山のトラウマを抱えていながらも、
一生懸命歩んでる。

それだけで、充分。

「今」の私をそのまま愛すること…。

「今」の私をそのまま信じること…。

それだけでいい…。

すご〜く、穏やかな日。

出会ってくれて有難う…。

信じてくれて、有難う…。

今夜も繋がってくださって有難うございます。

あなたが愛で包まれるよう祈ってます。

おやすみなさい☆







わ〜い!虹♪

  • 2013.08.26 Monday
  • 07:24

おはようございます。

今朝も過ごしやすい日になりました。
昨日の雨が大地を潤してくれて、裏庭の木々や草も元気になってます♪

昨日はお仕事が終わってから、行ってきました。

道路が混んでいたので場所を変えて…。

藤枝の山の中に。
緑が綺麗。

雨は、降ったりやんだり…。
歩くときに雨があがってくれるかな?
ま、降っていても長靴持ってきたし…。
(準備OK!)

「祈り」

してきました。

祈りっていいね。

今迄は、自分の為だけにこんなに真剣に
祈ることってなかったかも。

誰かの為に祈ることは沢山有るけれど
自分の為に祈ること。

それは大切なことなんだなぁと思った。

「我欲」でこうなりますように…、
のお願いは沢山した。
でも、今回は全く違う感じ。

祈りの時間。
それをイメージする時間。

自分のことを、イメージすることって、うまくできなかった。
でも、今回のイメージはすんなり。
こんなに鮮明に自分のことでイメージできたこともなかった。

自分の魂に向き合い、語り合い、そして受け取ったことを
イメージする。
自分が決めたこと以上のイメージがドンドン出てくることが面白かった。

それが本当に起こるかはわからないけれど、
それを信じて「今」を大切に生きること。

さて、帰ろうと思った瞬間に「雨」も上がる。

その後、Kちゃんと会う約束をしてたので、
Kちゃん宅に向かう。

お空はドンドンと明るくなり、さっきまでの雨がうそのよう。

Kちゃん宅に着くころに、お空に「虹」が!
車を停めて、「パシャ!」

いつも大切なことを決めた直後、「虹」が現れる。

スペインでも屋久島でも。

魂と繋がり、決意したときの「虹」はOK!ってサイン。

すご〜く、嬉しかったな。

その後、身体にも変化が有り、
私の身体も受け入れていただいたことに感謝。

Kちゃんとは、久々のドライブとお話。

ずっと、行きたかった、御前崎の海岸まで車を走らせる。
お空に広がるお星さまもとっても綺麗。
牧之原から見える夜景も綺麗。

雨が大地も空気もきれいにしてくれた後だから
全てがとっても澄んでいる。

自分に素直になって行動するって、本当に素敵♪

今日という日は二度と来ない。
「今」、この時間も二度と来ない。

その時間をどんな思いで、どう過ごすか?
は、自分次第。

苦しいことや悲しいこと、怒れることも沢山あるような感じもするけど、
それも自分次第。

「今」自分は「どうありたいか?」によって、
目の前に起こっている現実の意味は、大きく変わる。

例え、それが上手く処理できなくても、
後でどうにでも変化させることが出来る。

8月後半から9月の一か月間は、父の看病のために
仕事を辞め、ずっと医大で一緒に過ごした月。

私が今世生きてきた中で、ただ一人尊敬できる人。
安心できる人。
目標にしたい人。
そして、私を一番愛してくれていた人。

そんな彼が今世の役割を終えて帰ってから、14年の月日が流れた。
こんなに時間は過ぎているのに、この時期はいつもシンドイ。

それも、私自身の想いがここから抜け出したくないだけ…。

彼からもらっていた「愛」が無くなってしまいそうで。
もう、「愛」で包んでくれる人がいないようで…。

でもね、違うんだよね。

そういえば…、
14年前の今日が父と言葉を交わした最後の日。
14年前の今日から一か月間は、目も開けない彼のもとで
今迄、一緒にいなかった時間を取り戻すように、
ただただ、傍で彼を見つめ、沢山のことを思い出していたな。

まだ、若かった私はこれにどんな意味があるのか?
なんて深く考えることが出来なかった。

ただ、後悔と悲しみと恐怖。

あれから沢山の時間が過ぎた。
少しは彼のような人間に近づくことが出来ただろうか?

今年は、もう、それも手放そう。
彼がいなくても私は大丈夫。

彼に近づくのではなく、彼を乗り越えよう。

そんな気持ちにやっと…、やっと…、なれました。

支えてくれた多くの皆に有難う。

今日も「今」この時間のを大切にしながら、
彼のように、自分なりの「愛」を注ぐように過ごします♪

今朝も繋がってくださって有難う。

あなたにも沢山の「愛」が降り注ぎ、
そしてそれを受け取ることが出来ますように…。

「決断」・「勇気」・「実践」  2

  • 2013.08.25 Sunday
  • 09:50
おはようございます。

昨夜は、久々に遅くまで…。
お家に着いたら2時だった(汗)

今朝は…、目覚し時計をとめて再度深い深い眠りに…。
目が覚めてビックリ!

お仕事がある日にこんなに遅くまで寝ていたのも久々。

でもね、心も身体もスッキリです♪

ここ2,3日向き合っていた自分との会話も終わり!(わーい♡)

「決断」
「勇気」

は出来ました。

後は、この先、私の顕在意識で「それ」をしっかり意識して

「実践」

です。

そんな決断が出来てからの今週のカードは、

「大屋毘古神」
(カードを引いてくれているIさん、すご〜い!)

沖縄から帰ってくるときに、ふと、あるお寺と神社を思い出していた。
そのまま、帰りに寄りたいな…、って思ったけど、
飛行機も遅れたので、行かずにそのまま帰ってきた。

今朝、このカードを見て再び、そこの場所を思い出す。
今回のこの決断と勇気が出来たら来なさいねってことだったんだね〜。

今日は日曜日。
早目にお仕事が終わるから行けるかな?

そこまでの道のりは車で40分位
ゆっくり歩いて回り1時間。
日が暮れるのが早くなってるけど、間に合うかなぁ?

そんなこと考え中(笑)

あそこのお山の大きな木々に触れたいな。
あの山の小道をテクテク歩き、自然の空気をいっぱい吸いたいな。

そして、そこにいつもいてくれる、あの大きな木々たちに囲まれながら

「決断」
したことを
「実践」
する為にちょっとだけ、エネルギーをもらいたいな。

そして、今回の私の決断が揺らぐことなく
毎日「実践」できますように祈りをささげてこようかな。

今、そんなことを思ってます。

昨夜は荒祭の打ち上げでした。
お仕事が終わり、打ち上げに合流したのは、終了10分前(笑)

皆で外に出て、円陣組んで最後の締め!
10年以上ぶりにその輪に入り、クルクル走る。
楽しかったぁ〜。
荒祭の打ち上げは、「祓い」と言う。

この祓いの場で、今までの古いパターンを完全に手放せたような…、
そんな気がする。

皆で二次会…、
それはなかったけど、中心になって頑張っていた親戚の姉ちゃんと話す時間。
これもまた、いい時間だったな。

小さい頃によく一緒に遊んでたけど、
中学になってからは会ってもいなかった。
小さいころに呼んでもらっていた私の名前。
私も小さいときに呼んでいたように彼女に話しかける。
そんな時間がすごくいい時間だったな。

全てが繋がり「今」がある。
そして、これから先はどうしたいのかも「自分」で決める。
勿論、今まで歩んできた道も「自分」で決めてきたもの。

流されながら決めるのではなく、
自分で「決断」し、決めた道を今後は歩もう。

もっと、もっと、強く…。
そして、優しく、しなやかな私になろう…。

その為に選んだ今回の「決断」

そんな決断をさせてくれた「私」に有難う。
そして、その「決断」をするために関わってくださった、
多くの方々にも有難う。

勇気をくれた「あなた」にも有難う。

今朝はシトシトと雨。
善い雨だなぁ〜。

雨降って地、固まる。日本人って凄い!

有難う。

さぁ、今日も一日素敵な時間な時間を過ごしましょ♡

繋がってくださって有難うございます。




 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

ブログランキングに参加しています♪

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM