私と自然と会話

  • 2013.08.24 Saturday
  • 07:57
 おはようございます。

今朝はいつもと同じように、起きてからシャワーを浴びて、お洗濯。
サンルームでパソコンに向き合い、手を止める。

瞑想しよう…。

今朝は風が強いな。
涼しくて過ごしやすい。

昨日の夜は、自分に霊気を始めたら「雨」が降り始めた。
この辺り…、何日ぶりの雨だろう?
お祭り前から降ってなかったような…、
有難う…、
と、手を置きながら思ってた。

流れるエネルギーが気持ちいい。
身体も一緒に反応してくれて、一日の疲れが流れてく。

全身にブロックしているところはなくて、
ただただ気持ちがいい♪

いつしか、スッと深い眠りに入っていたな。

お陰様で今朝の目覚めはスッキリ!

サンルームで瞑想してると私を読んでる声がする。

今日は素直に従おう…。

朝から、氏神さまの元へ。

車に乗り、焼津神社へ行ってきました。

鏡に向かって、久しぶりに祝詞を唱える。

静かに自分に深く入れる場所。

暫く、鏡と向き合ってお話。

その後、境内の中をお散歩。

境内の中は、沢山のトンボが伸び伸びと飛んでいた。

時折、強く吹く風がイッパイお話してくれる。
それもまた、心地いい。

静かな時間。

有難う。

さぁ、今日も一日お仕事です。

今日の一番は3時間のリンパマッサージから。
準備に取り掛かろう!

今朝も繋がっていただきまして有難うございます。

今日も「今」私に与えられた時間を大切にしよ~!っと。

素敵な一日をお過ごしくださいね♪

決断・勇気・実践…。

  • 2013.08.23 Friday
  • 22:18
 こんばんは。

今夜も…、何となく…、パソコンに向かうのが嫌な自分がいた。

一人静かに座って向き合う時間が欲しい自分がいる。
でも、その反面「我」の私は、誰かと過ごし、そこから逃げたい自分もいた。

このモヤモヤはどこから来るんだろう?
向き合うか?
今夜は止めておくか?

お仕事を終え、そんな自分が顔を出す。
少し、外に出よう。

車に乗って当てもなく走る。
「何か」を見つけたい「私」は、一生懸命それを考えようとする。
でも、気付けば、何も考えていない「私」もいる。

車を停め、自分の中に入ろうと決めた。
じっと座って自分と向き合う時間。

でも、頭がザワザワしていて、中々、内に入れない。

たった一言出てきた言葉は「整理」

そうなんだよね、わかってる。
それがしたくて、今、この時間を取っているんだもん…。

自分の中でまとまりかけていた物が、
以前の私と対立してる感じ…、かな?。

以前の私は、沖縄前の私だな。
そんな私と違う生き方をする!
そう決めたけど、揺らいでいる私がいるのも事実。

「決断」
「勇気」
「実践」

やってしまえば、こんなものかぁ〜と思えることも、もう知ってる。
でもね、
やっぱり、心の癖で「取り残されそうな恐怖?」を考えてしまっている私。

そんな時、胸に手を当てレイキを流すと、手は痛い。
泣きそうな気持になる。
喉も詰まる。

でも、この泣きそうな気持は、恐怖から来ているのではない。

「あの時、自然に出した決断」を信じていない「私」に対してなんだとわかる。

静かな時間。
今夜はもう少し自分と繋がり、そんな自分を許しながら、この「私」を癒してあげよう。
宇宙から沢山の「愛」のエネルギーを受け取り、今までの「私」を静かに癒す。

そして、明日の朝には元気な私で大切な「今」を過ごそう…(^^)

書いてよかった。

読んでくれて有難う。
おやすみなさい…。

あなたにも沢山の「愛」が降り注ぎますように☆


沖縄W・S 是非、読んで下さいな♪

  • 2013.08.20 Tuesday
  • 22:41
ただいま〜♪

今日の夕方、焼津に戻りました。

今回の沖縄も楽しかった〜。
一か月ぶりの仲間たちとの再会も、すっごく良かったです。

今回は6月から学んでいるTREのワークッショプ。
そこでの研修。
人数の関係で参加者の方々と共に一緒に
ワークさせていただく時間もありラッキー

今回の私のトラウマ解放は…。
深い深いトラウマでした。

ここまで辿り着けた自分をイッパイ褒めてあげました

「何???」
ですよね

それは…、

産まれて間もない頃の事でした。

御産婆さんで産まれた私。
産まれたときには、見つからなかった「黄疸」。
お家に帰ってから、一週間後に分かったの。

しかも発見され、病院に連れていかれたときには
意識もなく、検査したら黄疸は、脊髄〜脳へ。

「今夜が峠です。
でも…、たとえ助かったとしても、普通の成長と生活は無理です。」

と医者に言われたそうな…。
この言葉…、私が育つ過程の中で親や祖母に、最も言われ続けた言葉。

解放中は、青い光しか感じられないところに独り取り残された感じ。

声を上げたくても声は出ない。
泣きたくても泣けない。
動きたくても動けない。
(先日のブログの、「あの場所、あの時」もここと繋がっているんだよね。)

そんな恐怖と絶望感。

人間は生き物の中で一番未熟で生まれてくる動物。
他の動物は、生まれてすぐに歩けたり、自分で食べられたり…。
餌を与えてもらって育つ鳥とかもいるけど、その期間は数週間。

でも、人間が一人で自立して生きられるようになるまで
十数年の月日が必要です。

そんな人間が生き残るために覚えたのは、感情や表情。
ニコニコと笑ったり、声を出して泣いたり…、と
大人を引き付ける。

そうやって生き残ろうと頑張る。

でも、それさえできなくなった時の恐怖と絶望感、
想像してみてください。
結構、シンドイですよ(笑)

そんな感じで始まった今世の私の人生。

奇跡的に生き残った私は、必死で生きようと頑張りました(笑)
それでも、身体も弱かったり、敏感体質だったりする私は、
かなりの頻度で、原因のわからない熱や腹痛。

その度に…、

「普通には育たない子」
とか、
「頭のおかしい子」
とか、
「元々、生きているのがおかしいんだよ」
と、言われ続けた。
(しっかり、潜在意識の深い部分に入り込みました・笑)

母や祖母は、心配して言っていたのかもしれない。
でも、何も知識のない子供の私は、その言葉を純粋に言葉通りに捉える。
(これは、私だけでなく、子供はみんなそうですよ。)

そんな言葉を度々聞かされている私が取ってきた行動は、
褒められることを「一生懸命にすること」で、「私」という存在を
まずは、家族に受け入れてもらうことを必死にする。
(だから…、小さい頃からすっごくいい子でしたよ〜。笑)

人並み以上の我慢も覚えた。
自分を殺してでも、人の為に動くこと。
どうせ、死んでた子だから、どんなに辛くても、これくらいじゃ…、
と、身体を無視して頑張ってきた。

結果、いつも身体が限界を超えると、気付けば病院のベットの上(笑)

でもね、ここでも出てくる、潜在意識からの記憶…。

病院のベットは絶対にダメなの。
だって、また独りぼっちになるし、「どうせ死ぬ」って言われちゃう…。
だから、そんな自分は認められず、少し回復すれば同じことの繰り返し。
そんな人生歩んできたな。
(ごめんね、私の身体さん…。)

最後のセッションでは、ここ最近のまとめのように…、
静かな振動が続き…、
私の内側からの声が響く。

「もう、ゆっくりしていいよ…。」
と。
優しい声だったな。
涙が自然に溢れてきて身体の力が全部抜けた感じ。

その後に…、

「もう、独りじゃないよ。」

「寂しくなんかないよ。」

「直美はね、そのままでいいよ。」
「直美は、直美のままでいいんだよ。」

その言葉は、とっても優しくて…、
でも、すっごく力強くて安心する声。

続けて…、

「さぁ!まずは、自分の為だけに生きる勇気を持ちなさい。
 それが、必ず人の為になるから…。
 その為に、出来るところから静かな時間を意識的に取り、
 今日まで頑張ってきた私を休ませてあげて!
 …、もう、充分。
 自分の為に生きなさい…。」
 
 
 
 
 

セッション終了後、感想を書いているときに、
心も身体も…、
すっごく「ホッ」として涙が出てくる。
でもね、これは…、

安心の涙。

感謝の涙。

そして、何よりも自分自身を許せた暖かな涙。

沖縄、来て良かったな。

今朝、自分の手帳のメモを見た。
3月、ドバイの空港に着陸する前に見た「夕日と満月」。
その時に内なる声が私に語った言葉。
そこには…、

「自分を信じること

 委ねること

 
 信頼すること

 信念を持つこと

 
 そして、私の人生を生きること。

 その前に今迄の解放作業をしばらくの間しようね。」

…、と。
(なんか、その通りになってる…。すご〜い!!(笑))

これから先は…、

世間の考えや、世間の普通はね…、
の考え方に振り回されることなく、
自分の声を信じ自由に生きよう…。

私にとって大切なものを大切にしよう。

そう…、
私の信じた道を歩む。

そんな決意が出来た沖縄。

一緒にこの時間を共にしてくれた、

N姉さん、Kさん、Tさん、Sさん、Nさん、Jさん、
そして、企画してくださった、Mっちゃん!

心から有難う☆

感謝、感謝です♡

なが〜い、報告文(笑)、
最後まで読んでくれて有難うございます!

今夜も素敵な時間をお過ごしくださいね♪

最後に…、

私に勇気を与えてくれた、Yさん、有難う。
あなたがいなかったら、今日のこの日は
もっと、もっと、先だったかも…(笑)










沖縄TREワークショップ

  • 2013.08.18 Sunday
  • 08:36
 おはようございます。

沖縄に来て、もう3日目。
早いなぁ…。

今回は、お祭り、合宿と続き、すぐに沖縄入りだったので
さすがに疲れもピーク。。。

初日、お友達の家の近くのエステ…、
前回来た時にリンパマッサージをしてもらいに行ったから
今回も…、とすっごく誘惑されたけど、
今回はたった5分の道のりを考えただけで断念…
お友達がお仕事から帰ってくるまで、お家でプルプルセルフケアー。

夜は、二人で一か月間の状況報告。
前回は、レイキの伝授に来たんだけど、
受けてくださった3人さま、皆セルフヒーリングや他者へのヒーリングを
続けてくださっているようで、嬉しかったな。

昨日は、
朝、7時に起きてワークショップが始まる前に!
と、思いながら、海までテクテクお散歩に。

途中でスコールのような雨、雨、雨。
近くまで来ていたので、雨宿りをして雨がやむまで待つこと5分

午後からは、TREワークショップ。
今回は、私達、研修生も2回のうち、一回は一緒に参加することが出来て
ラッキー

初めての方々は、振動するのに無意識の抵抗があるので、
さほど、振動しない中、研修生3人は思い切り解放作業をしてました。

もちろん、私も…
昨日は亡くなったじぃじの誕生日。
そして、父の癌がわかって家族みんなで説得し、手術を決めた日。
そんな中、子供たちの研修旅行の付き添いでハワイに行く前日だったなぁ。
行くのやめたいな。
でも、そんなことできないなぁ…。
という思いを繰り返し考えていた日だったな。

プルプルお振動しながら、そんなことを思いだしていました。

参加者、みんなが帰ったあと、研修生6名全員でワークの時間。
大きな動きがあった後、最後に休んでいるときに、
久しぶりにたくさん泣いた。
今も、こうしてポチポチ打っているだけで、胸が締め付けられる。

父が亡くなり、火葬場であの扉が閉まるまで、泣けなかったな。
しまった瞬間、大声で叫び、その場でおかしくなりそうなくらい
大切な人と離れる瞬間を身体全体で感じてた。
そんな中、「みっともない…」と一言注意され、
涙も感情も抑え込んだ。

それから、どんなに悲しい出来事も涙を見せることもなくなった。
涙をこらえることで、一緒に失ったものは、笑顔。
心の底から笑うこともできなくなった。
、あれから、丁度14年。

今は、しっかり感情を取り戻し、心から笑い、楽しむこともできるようになったけど、
こうしてワークすると、押し込んでいた感情はまだまだ上がってくるんだなぁ〜と実感。

今日も、ワークの時間があります。
今日もいっぱい解放して、自宅に戻るときには、更に笑顔がステキになるように…

さて!今日も天気予報とは逆。
青空と青い海

遊びに行きたい!!!
…、気持ちを抑え、琉球大学の室内へ…

今日も繋がっていただきまして有難うございます。
素敵な一日をお過ごしください

トラウマ解放、その後…。

  • 2013.08.12 Monday
  • 08:14

おはようございます。

朝から、浜通りは賑やかです。
(ワクワク♪)

そんな今朝は、いつもよりゆっくりとお布団でゴロゴロ。
あ!子供たちが引く
「山車」が周ってきました。

子供の頃、朝から元気に参加したなぁ〜。
(終わってからのアイスが美味しいかったな。)

今年は、「学ぶ年&自分に深く入る年」
が、私のテーマ。

そこで、TERも学んでいるんだけど、
そのおかげで、

「乗り越えた」

と、思っていた様々なものがチラホラ上がってくるな〜。

だから、ことあるごとに子供時代のことも思い出す。
(お年寄りみたい・笑)

先週取り組んでいた「17歳のトラウマ解消」
(って…、後で考えたら、17歳じゃなくて、16歳でした…。)

あれから2日が過ぎたけど、
今までにない位スッキリしてます。
(この件に関しては…。)

そこで…、
その後のセッションに来る方々からの質問。

私を2年間待っていてくれた「彼」は、
当時付き合っていた彼ですよ〜(笑)

そして、恐怖の原因は、もちろん、そんな優しい彼ではないですよ〜。
彼には、その時のこと話してないからね。

一番、大事なことは、伝えられない子ですから(ここでも課題だ・笑)

相手を傷つけたくない…、
そう思うことで自分の中にしまい込む。
しまい込むことで、恐怖や悲しみはエネルギーとして
自分の身体の中にしみこんでいく。

似たようなことがあると、無意識に同じ反応が出てきます。
それが、潜在意識が覚えてしまった「自分の行動パターン」になっていく。

その後も何度か同じような出来事があったけど、
そのたびに身体は動かない。

これって、恐怖の繰り返しなんだよね。
そして、その傷を深め、同じように自分を責める。
「私がしっかりしてないからだ・・・。」
ってね。

かなり深く刻まれたトラウマは、そんなに簡単に行動を変えられるものじゃない。
とくに心だけでなく、身体も傷ついている場合には。

たとえばさ、
すご〜く頑張って練習したのに、試合の前に怪我して出れなかった試合がある…。
そんなことも、かなり深いトラウマにもなりうる。
心の傷は、他人の物差しで計れることはできないんだよね。

一つ一つがその人なりの経験。
一つ一つが様々な、思い、状況によって違ってくる。

それをその状況で同じ経験ができる人なんていない。
産まれも育ちも考え方も人それぞれ。

だから、どんなに他人から見て、そんなことで!?と
思うような事であっても、本人にとっては深く傷ついていることも多い。
特に子供の頃や若き頃は、感受性豊かだからね。

沢山の悲しみや苦しさ、恐怖、いっぱい体験させていただきました。
それを今迄、自分なりに見つめてきました。

今年は、それらを整理している感じかな。

これから、冬にかけてが結構しんどいことが多かった時期。
きっと、今回のように

「もう、要らないね!」

って、私の中のもう一人の私が言ってくるだろうな。

昨夜は、祭りと共に思い出したことがある。
TERを通して、それも解放してあげよう!(^^)

さぁ!

祭り♡

今年は誰と会えるかな?
楽しんでこよ〜!!

その前に午前中は、合宿のためのお布団3セット買いに行ってきま〜す。

では、本日も善き1日をお過ごしくださいね♪

繋がってくれてありがとう。





変えれば変わる…ね(^^)

  • 2013.08.11 Sunday
  • 08:01

おはようございます。

今日も善き日のスタートです♡

いつも、Iさんが引いてUPしてくれる、今週のカード。
なんか、私にとってはピッタリのカードでした(笑)

しかも、今日は新規のお客様がお二人。
昨夜もスカイプ授業中にお客様から、紹介を2名様、頂きました。

自分が何かに向き合い変化することを実践すると
様々なところで流れが変わる。

スカイプの授業では、TREを通して自分の変化も話すの。
先生二人には、あの時の話は随分前にしてあった。

一昨日のお話とそれに対しての気付きを話す中で、
一緒に泣いてくれた彼女の涙が綺麗だった。
有難うございます。

今度は、来週末に沖縄で先生たちと離れていても
同じ気持ちで頑張っている仲間たち数人と会えるんだぁ〜。
嬉しいな。

今日は日曜日でお仕事は夕方まで。
明日から焼津祭。
祭りが終わったら、ファスティング合宿。

自由に行きたいところに行ける時間は今日しかない。
今日は、お仕事が終わったら、早秋津姫さんたちに
会いに海へ行こうかな…。

線香花火持っていこうかな(笑)

では、本日も一日素敵な時間をお過ごしくださいね〜♪

繋がってくださって有難う。
読んで下さって有難う。

今日も最高!そんな一日を(^^)/


あ〜、スッキリ(^^)/

  • 2013.08.10 Saturday
  • 21:17
 こんばんは。

本日も無事終了♪

今、スカイプでの授業も終わり、スッキリ!
今回、チェックしていただいたセッションは、ほぼ問題なし(^^)

少しだけ次回までに直すところがあるけれど、
自分でも気付いているところだから、次回は大丈夫だろうな〜。

ただ…、
一番の私の課題は、自分の時間。
常に善き状態でいるために、ゆとりのある生活。
これは、常にです…、はい…。
気をつけねば…。

ゆったりとプライベートな時間を取ること。
次のスカイプの授業までの宿題〜。

そうだよね〜、
乗馬、行きたい!
海行きたい!
山行きたい!
バイクも乗りたい!
ドライブしたい!
旅行もしたい!
まったりもしたい!
法螺貝も思いっきり吹きたぁ〜い(笑)!

あ〜、遊ぶことばかり(笑)

てか、今後の人生の宿題だね。

あ〜、お休み増やそう!

そんなんで…、とりあえず・・・・・、
今夜はもう寝るぞぉ〜。

おやすみなさい。

あ…、直美はこんなに元気になりました。

皆様、本当に有難う。

今夜も繋がっていただきまして有難うございます。

善い時間を過ごしてくださいね。

行ってきました。有難う。

  • 2013.08.10 Saturday
  • 00:00
 こんばんは

そして、ただいま。
今、あの場所、あの日、あの時間からしっかりと戻ったよ。

あの時、
数百メートル離れたあの場所に…、
野球部の先輩たちが4人いた。

「助けて!助けて!」
って心の中では大声で叫んでいたっけ…。

でもね、そんな時って声って出ないものなんだよね…。
心の中は死にそうなくらい叫んでいるのに、
声にならない…。

それ位、身体が固まってる状態なんだよね。
怖かった、助けてほしかった。
でも、逃げたくても逃げることさえできない。
人はね、本当に怖いときは身体が固まるんだよ…。
動きたくても、動くことさえできないんだよ…。

だからさ、
今夜は、まずは「助けて!」からかな?って思った。

その、私の
「助けて!」
の声を聞いてくれて有難う。

Yさん、連れて行ってくれて…、
一緒に行ってくれて有難う。
そして、待っててくれて有難う。

向かっている車の中で、手が震えてる。
心臓ドキドキ。

それでも、「今、この時」を忘れない。
震える身体を自由にさせてあげて、許してあげる。
怖い気持ちをそのまま受け止めてあげる。

「大丈夫、今の直美なら…。」
そう何度も声をかけ、小さな私を抱きしめる。

時折、Eちゃん、Kちゃんのメールを思い出し、
包んでいてくれている人の温かさを感じてた。
Eちゃんの持ってきてくれた花束を思い出して、
勇気をもらう…。

「大丈夫…。」
何度、自分に言っただろう…?

何年ぶりに、あの場所に行ったんだろう?

流石に停めた、車の中は怖かった…。

「降りようか?」
そう言ってくれたから、
「今」に戻ることが出来たっけ…。
有難う。

車から降りて夜空を見上げる。
お星さまがキラキラと輝いていたよ。

周りからは虫たちの鳴き声が聞こえてくる。
季節があの時と同じじゃないのもよかったかも…。

飛行機が空を飛んでいる。
そんな飛行機を見ながら、海外の友達たちを思い出す。
生きていたから、みんなと出会うことが出来たんだよね。
出会ってくれて有難う。

そんなことを考えていたな。私…。

Yさんのおかげで、涙を流すこともなかった。
近くでさりげなく、そっと支えてくれて有難う。
あなたがいてくれたから…、
「今、ここ」にいることが出来たと思う。

そして、「助けて!」を言えた自分にも有難う。


あのさ、
帰ってきたら、
家のトイレの鉢植えが倒れていた(笑)
今から、お掃除です…。
あ…、こんな時間だから掃除機はさすがに無理だね。
明日の朝にしようかな。
きっと…、
「さ!、最後まで、しっかり綺麗にしなさいね!」
って、神様が用意していてくれたんだなぁ(笑)

今、これを書きながら、思うこと。
少しだけ、彼を思い出し、心からごめんねって、
そして、2年間も待っていてくれて有難う…。
でも、そのあなたの優しさが罪悪感を強めてた。
弱かったな、私。
幸せになる資格はないと思っていた。
だから、
差しのばしていてくれた手を握ることが出来なかった…。
ごめんね。
でもね、本当に有難う…。
そう思えた自分がいるよ。

彼に抱いた罪悪感。
それも恐怖と共に手放すことが出来たかな?

こんな私を大切にしてくれて有難う。
これからも幸せでいてくださいね。


今までもことあるごとに、何度も向き合ってきた
この出来事。
そのたびに、もう大丈夫と自分に言い聞かせてきた。
セラピスト?ヒーラー?
そんな仕事をしている人は完璧を求められる。
でもね、人はみんなこんな心の傷を中々手放せない。
手放したつもりで演じることは出来ても、
それを人に知られなかったとしても、
自分自身には嘘はつけない。

私は自分を沢山ごまかしてきたから、
もう、それはしたくない。

そして、私のそんな経験を皆に伝えることで、
みんなに勇気を少しだけでも持っていただけるのなら…、

こんな時は伝えようと思えるようになった。

強くなったな(笑)

自分の恐怖を素直に伝えられる「人」でありたい。

機会があったら、
いやいや…、もっと、勇気が出てきたら、
この時の出来事、しっかりお伝えしますね。

そして、私が皆に支えてもらった以上に同じ思いで苦しんでいる人を
助けたいな。
いやいや、力にならせていただきたいな。

支えてくれた皆に、心から有難う。
本当に、本当に有難う。

心から感謝…。

繋がってくれて、有難う。
見守ってくれて有難う。
愛で包んでくれて有難う。

そして、読んでくれて有難う。

おやすみなさい










神様、有難う

  • 2013.08.09 Friday
  • 19:40
 仕事を終えて、一日の汗を流した。

さぁ、行ってこよう。
あの場所へ。

あたたかい「愛」がこもったメールを有難う。
最高の笑顔と「愛」の沢山こもった花束を有難う。

思い出すとガタガタと震える足と手に
「大丈夫…」
と、17歳の私に声をかけながら過ごした時間。

今日で終わりにしよう。

私があなたを抱きしめてあげる。
怖かったよね。
もう大丈夫…。
そう言ってあげよう。

出来るかな。
今日の私で。

出来るよね。
守ってくれてる人がいる。

大丈夫、一人だと思っていたのは、あの時の私。
今の私は一人じゃない。

Eちゃん、Kちゃん、Eちゃん、有難う。

そして、勇気と機会を与えてくれた神様も有難う。

大丈夫…。

ね、行ってきま〜す。

17才の時のトラウマ解放です

  • 2013.08.09 Friday
  • 07:58

おはようございます

朝、禊のシャワー(笑)をして、その間に洗濯機さんに頑張ってもらう。
その間、自分でコーヒーを落しながら、今朝の一ページの本を読む。

この時間、結構好きだな。
周りから聞こえてくる音は、洗濯機さんの頑張ってくれている音と
蝉さんたちの合唱。

時折、表側の道路を車が通る。
風がそよそよと優しく私の周りを通り過ぎる。

こんな時間を取れること、有難いと思う。

今日のお仕事は、いつもより早めのスタートです。
その代り、今日は夕方のお仕事は早めに終了。
そんな今日は、この時間を自分の為に使おう。

昨夜は思うままにブログを書いた後、
恐怖心が湧き上がってきた。
17歳の純粋な(あのころは…笑)私には、どうしていいのか
わからなくて、ただただ固まっていたな。
身体も心も何もなくなり、恐怖と戦うことすらも出来なかった。

何が起こったのか?
どうやって家までたどり着いたのか?

それすら覚えていない。
家に帰ってからは、震えることも泣くこともできなくて
ただただボーとしていたことを思い出す。

自分の部屋に閉じこもり、ただただボーとしていたな。

何時間、そうしていたんだろう。
弟たちがご飯だと声をかけてくれたとき、
ハッと気づいて食卓へ。
その時は、普通の私を演じていたな。
現実の中に私の想いを持ってくることはなく、
いつも通りの私。

部屋に戻り、今度は大きな罪悪感。
私がしっかりしてないからだ!と自分を責める。

それがどんどん広がり、恐怖心をしまい込む。
そんなことを繰り返しながら、
「死んでしまいたい・・・、消えてなくなりたい・・・」
と思う気持ちを打ち消していた。

そして、いつも通りの生活をしようと努力した。

でもね、しまい込んだあの恐怖心は私の中でずっと動く。

あんなに大好きだった部活にもいかなくなった。
これは、そこに行くと罪悪感がドンドンと大きくなるからだ。
野球をしている皆を見たくない。
自分自身をこれ以上責めることをしたくない。
きっと、そんな思いから、そこから抜け出したかった。

だからと言って、一人で過ごす時間も怖くて耐えられない。
一人になる時間を作らないように、朝まで友達と一緒に遊んでいたな。
長い休みが終わって、学校が始まってもその生活は変わらない。
毎日毎日、朝、家に帰り、学校へ行く生活。

半分はそんな高校生活を送っていたな。

こんな生活だから、家でもばぁやと話す機会もなくなった。
家族の誰とも話さない(だって、いないから)

ドンドン壊れていく私を自分ではどうしようもなく、
ただ、苦しさから逃げたい気持ちでいっぱいだった。
(てか、そうするしかなかった)

誰かに話せていたら、少しは違っていたのだろう。
でも、それすら出来ないほどの大きな傷。

父は…、
そんな私に何も言わない。
そんな彼に、私のことなんてどうでもいいんだ・・・って
思っていた私がいたな。

助けてほしかったのに、言えない。
父さんには、心配かけたくなくって言えない。

それでも助けてほしい私は、
いなくなった母に矛先を変える。
母を嫌い、母を責める。

そうして、母を嫌、という私が出来上がる。

17歳のあのころ、あの出来事がなかったら…?

誰かが気付いて、声をかけてくれたら…?

いま、こうして書いていたら涙が溢れてきた。
それを止めようとしている私もいる。
流してはいけない。
そう思っている、私。

これは、罪悪感からだな〜。
この事件がなかったら、大切なあの人を傷つけることなかった。
裏切ることもなかった。
失うこともなかった。

いつまでも、…、
この年になっても大切な人。
ごめんね。

私、弱かった…。
あなたを傷付ける事しかできなかった。

傷付けないように…、と思って17歳の私が一生懸命考えて出した結論が、
逆にあなたを傷付けた。

そうやって、何年も何年も彼に心の中で誤っている。

大人になって、冷静に見てみれば、
そんな風に自分を責めることをしなくていいことも
もう、わかる。

でも、体に染みついている、この時の恐怖と罪悪感はかなり深いもの。

子供たちを…、周りにいる家族を…、友達を…、
深く深く見たい。

例えそれが魂の学びというものから起こる出来事であっても、
もっと早く、愛に包まれていたら、こんなにも深く自分を傷つけ、
責めることもなく、「愛」を知ることが出来るだろう。

セッションやセミナーで自分の話をする時に
この話をする時もある。

でも、乗り越えた自分を演じながら話していたと思う。

今夜、そんな何年も積み重ねた私への罪悪感、手放そう。
そのあとに上がってくるのは恐怖だな。
あの場所に行ったら、身体、固まるだろうなぁ〜…。
帰ってこれるかな…。

ん〜〜〜!
大丈夫。

だって、それは「今、ここ」の出来事じゃないからね!

そう思って、行動してみましょうか…ね。

さ、お仕事準備タイム。
少し、楽になりました。

あの時に話せなかった私の想い。
今ここで、少しだけ解放!
(皆様、聞いてくれて有難う)

今はキーを打つ手が震えてる。
少しずつ、少しずつ解放。

そんな自分を許しつつ…。


今日も一日素敵な時間をお過ごしくださいね。

繋がってくれて有難う。

心から…、感謝!
です。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

ブログランキングに参加しています♪

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM